◆3rd Album「from JAPAN with LOVE」(Shunn)

TRC-0003 ¥3,000(税抜き) 2016.08.31発売

​<収録曲>

"歌うピアニスト"Shunn(元・宮本駿一)の最新アルバム。ライブで人気の曲からファン投票で選ばれた9曲を収録。真骨頂のピアノ弾き語りから、軽快なポップス、透明感溢れるクラシカルなカウンターテナーまで、Shunnの様々な歌声とピアノを堪能できる一枚。制作中の音楽劇「甦鬼(ソキ)」から本作に収録された『Infinite Trilogy』は、世界の二大真言とされる般若心経とアヴェ・マリアを掛け合わせたプログレ的挑戦作で、ライブではShunnが狐面をつけカウンターテナーで歌う様が話題に。その他、ブラームスのピアノ曲がベースの『時の翼-Homage to Brahms』では、難易度の高い原曲を弾きながら歌う離れ業を見せ、鬼女紅葉伝説異譚に着想を得た『月夜の約束~紅焔』では、紅葉・平維茂両人の視点からドラマチックに歌い上げている。世界各国の音楽が集結した本作を、芸能と文化の中心となりつつある「日本より愛をこめて」Shunnがお届けする。

◆4thSingle「異邦人/桜咲くころ」(Shunn)

TRC-0002 ¥953(税抜き) 2008/4/23発売

宮本駿一が名前を「Shunn」に改名後、初のソロシングル。楽曲的にも新たな試みを見せている。美しく切ない春の幻想世界へ・・・

​<収録曲>

◆2ndAlbum「Piano'n Piano」(宮本駿一)

TRC-0001 ¥2,666(税抜き) 2007/8/29発売

あなたを優しく包むシリラクゼーションのひととき…歌うピアニスト=宮本駿一が贈る、初めてのピアノソロアルバム。「鍵盤に指を落とした瞬間に周囲にいる人の耳を惹く」と言われる宮本駿一の音楽性の高さと、その演奏の魅力を味わうことができる1枚です。

​<収録曲>

◆2ndMiniAlbum「Talkin' Piano」(宮本駿一)

VICL-62057 ¥1,714(税抜き) 2006/8/23発売

それはまるで物語を読んで聞かせているような歌とピアノ。宮本駿一の王道と新たな可能性を5曲に集約。「あなたの人生の中で、置き去りにされたものや、封じられたものを全5曲の中に詰めこみました。」

​<収録曲>

◆1stAlbum「For someone needs Love」(宮本駿一)

VICL-61597 ¥2,857(税抜き) 2005/3/24発売

​<収録曲>

「ほんとうに人を好きになったこと、ありますか?」新鋭シンガーソングライター・宮本駿一、ファン待望の1stフルアルバム!持ち味のピアノ弾き語りや、作編曲家の服部克久、ヴァイオリニストのギャビン・ライト、ジャズピアニストの佐山雅弘、DJのK.HASEGAWAとのコラボレーションを含む全10曲収録。子供から大人へと変わりつつある一人の人間と一緒に、心の在り処を探しにいきませんか?

「CDジャーナル」データベースより:弱冠18歳というシンガー・ソングライターのファースト・アルバム。力強くスケール感のある歌を聴かせる人で、自身のピアノ弾き語りを中心に壮大なオーケストラ、ジャズ・コンボ、打ち込みまで多様なスタイルを歌いこなしている。久々の大型新人といえるだろう。

◆3rdSingle「永遠」(宮本駿一)

VICL-35765 ¥1,000(税抜き) 2005/1/26発売

ロンドンでレコーディングを行なった、シンガーソングライター宮本駿一のシングル。彼の等身大の思いが心に響いてくるラブ・ソングが完成。編曲は服部克久が手がけている。

​<収録曲>

◆2ndSingle「最後のkiss / うそつき」(宮本駿一)

VICL-35731 ¥1,238(税抜き) 2004/11/17発売

彼の歌とピアノは、「忘れかけていた大切なもの」を思い起こさせる…男性ヴォーカリスト、宮本駿一のシングル。編曲を服部克久が担当した本作は、ストリングスの調べが涙を誘う1枚。

​<収録曲>

◆1stMiniAlbum「Anges」(宮本駿一)

VICL-61250 ¥2,400(税抜き) 2003/12/3発売

​<収録曲>

『D・N・ANGEL』主題歌「白夜~True Light~」のヒットで多くのファンを魅了した宮本駿一。まっすぐでひたむきな17才の少年の心の軌跡…澄んだ瞳に映るものは…

ピアノ弾き語り、本人の多重録音によるアカペラ・コーラス、ボサノバ他。自ら作詞作曲に挑戦した楽曲や服部克久氏とのコラボレーションを含む全9曲(全て新録)を収録!

Amazonレビューより:しっとりとしたイメージをもたらすR&B系ピアノバラード、ゴスペルの要素を取り入れたアカペラ・ナンバー、ファンキーなビートが楽しいダンス・チューンなど、ブラック・ミュージックを基本とした男性シンガーによるミニアルバムだ。TVアニメ『D・N・ANGEL』のオープニング・テーマ「白夜~True Light~」でヒットした宮本駿一。本作がレコーディングされたとき、彼はまだ10代後半だったのだが、抱きしめたくなるほどかわいい少年性とドキドキするような男の匂いを同時に描き出すヴォーカリゼーションは、存在自体がスリリング。ボーナストラックとして収録されたライブバージョンの2曲も、彼のパフォーマーとしての才能を伝えている。(森 朋之)

◆1stSingle「D・N・ANGEL OPテーマ - 白夜~True Light~」(宮本駿一)

VICL-35479 ¥1,100(税抜き) 2003/5/7発売

​<収録曲>

「CDジャーナル」データベースより:杉崎ゆきるの人気コミックが原作のテレビ東京系アニメ『D・N・ANGEL』のオープニング・テーマ。弱冠16歳でピアノもこなす宮本駿一が担当。